スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石けん生活の参考になる本は?
■気持ちよく暮らす 簡単家事生活
赤星たみこ著 / 株式会社青春出版社 / 定価1100円

石けんを使ったシャンプー、スキンケア、掃除、洗濯のしかたがとても詳しくわかりやすく書かれています。赤星たみこさんの石けんへの姿勢も柔軟で、共感できる部分が多くおもしろかったです。


スポンサーサイト
あると便利なものは?
<<助剤など>>

■重曹
・ごく弱いアルカリ性
・水にあまり溶けない
・粒子が細かい

薬局やスーパーにはたいてい置いてあり、手に入れやすい。
穏やかな研磨作用があるので食器洗い・クレンザー代わりに使える。
(* アルカリなので、アルミ製のものには使えません)
消臭効果もあるので冷蔵庫・玄関・靴箱の消臭剤にもなる。
血管拡張作用があり、入浴剤としてお風呂に入れると疲労回復に効果。

石けんを使おう~洗顔・からだ編
ここでも基本は”よく泡立てる””よく流す”これだけです(笑)

シャンプーの時は髪の毛が泡を立てるのを手伝ってくれましたが、ふたつの手の平だけでモコモコの泡を作るのは少し気合いが必要。
そこで”泡立てネット”が大活躍です。
濡らしたネットに石けんをつけてもむと、簡単にモコモコの泡が立ちます。その泡を顔に乗せて、指が直接肌に触れないくらいの力加減で、泡をクッションにするように顔を洗うと毛穴の汚れもよく落ちるんだそうで。

石けんを使おう~シャンプー編
シャンプーの手順とコツです。
1. 髪のもつれを取り、汚れを浮かせるためブラッシングをする
2. シャワーで地肌まで丁寧に十分に濡らす
3. 生え際に石けんを一周させて、よく泡立てる
4. 泡立ちが悪い時は一度流し、二度洗い
5. シャワーでしつこいくらいよーくすすぐ
6. リンスをして、またよくすすぐ
7. タオルドライ後、できればドライヤーで乾かす

シャンプーでのコツも、よく泡立て、よく流すことです。

石けんを使おう~洗濯編
洗濯の手順とコツです。
1. 洗濯機に低水位で水をはり、粉石けんを入れて5分攪拌する
2. 規定水位まで水を足し、衣類を入れて洗濯開始
3. 洗っている間、水面に泡があるか確認
4. すすぎはためすすぎで2回
5. 洗い終わったら時間をおかずに干す

石けんでの洗濯は、コツをつかむまでは試行錯誤です。
ですが、慣れてしまえばそれほど手間はかかりません。

石けんを使おう~お掃除編
■トイレ掃除
石けんを使おう~キッチン編
石けんで食器を洗ってみます。
1. 油汚れは新聞紙や不要布などで拭き取っておく
2. スポンジに水と石けんをつけてよく泡立てる
3. 普通に食器を洗い、すすぐまでは水のかからない場所に置く
4. 流水で一気にすすぐ


       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。