スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手づくり石けんの参考になる本は?
私が実際に購入し、参考にしている本です。


■オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る 
 『お風呂の愉しみ』テキストブック
前田京子 著 / 飛鳥新社 / 定価1800円

■肌に髪に「優しい石けん」 手作りレシピ32
小幡有樹子 著 / 祥伝社 / 定価1200円

スポンサーサイト
手作り石けんってどう作るの?
--はじめに--

手作り石けんの簡単な手順を書いてみました。
もし実際に作る場合は本を購入するなどして、詳しい手順をじっくりと熟読してからはじめましょう。
苛性ソーダは劇薬指定のものです。
正しく使えば必要以上に怖いものではありませんが、万が一の時に適切な対処が出来るよう、知識を身につけておくことはとても大切だと思います。


手づくり石けんを作るのに必要なものは?
|基本の材料|

■オイル類 ~ オリーブオイル・ココナツオイルなど
■苛性ソーダ ~ NaOH。劇薬指定で購入には印鑑が必要
■水分 ~ 主に精製水。ハーブティなど置き換え可


手作り石けんって何?
市販の石けんと手作り石けんってどう違うんでしょう。

私は、一番の違いは”保湿力”にあると思います。
市販の石けんは、もちろん合成のものよりも肌に優しく、保湿力も優れているのですが、石けんの製造過程でできる副産物”グリセリン”という保湿成分を、ほとんどの場合取り除いてしまいます。
手作りをした場合このグリセリンをそのまま石けんに残すことができるので、保湿力が格段にアップするのです。


       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。